「英語の島の大ぼうけん」の原作テキスト、
「Finding Out」とは?
  子どもの探究心を育み、子ども自らが学べる教材です
    「Finding Out」は、学校などの教室で使用されるシリーズ教材として開発され、既存の英語教材とは一線を画します。言語は段階を踏んで学習すると、子どものもつ探求心によってかなりの成果が得られます。「Finding Out」は、教師に教えてもらうという受け身の学習方法ではなく、ゲームを通して、子ども自らが学べる教材なのです。
「英語の島の 大ぼうけん」を
使った学習方法とは?
  ゲームやアニメーションで子どもたちの興味を引き出し、英語を段階的に学んでいく
    英語学習ソフト「英語の島の大ぼうけん」は、段階を踏んでの言語学習を実現しています。これは子どもが英語を学ぶうえで非常に重要なことです。このソフトの大きな特徴は、教材自体のおもしろさ。英語教材本「Finding Out」を見事にアニメーション化し、教師たちの期待をはるかに超えて素晴らしく改良されました。子どもたちは、主人公フレッドや仲間たちと一緒に夢のような冒険を通して、英語を学習 できるのです。
なぜ、英語学習にゲームが必要なのか?
  魅力的なゲームや冒険の世界が、子どもに継続的なやる気を起こさせます。
    既存の英語学習ソフトの多くは、残念ながら「学校用教材」の雰囲気をもっているため、子どもたちに継続的なやる気を起こさせません。「英語の島の大ぼうけん」で最重要視したのは、本当に子どもの世界に入ること、つまり、学校の授業のようにではなく、子どもたちにとって魅力的な世界=ゲームや冒険の世界をつくることでした。そしてその世界の中で、英語が中心的な役割を果たすのです。「英語の 島の大ぼうけん」では、子どもにとって魅力的な 世界と、英語学習が見事に一体化しているのです。
子どもに英語に興味をもたせるには?
  感情を伴う言語学習が必要です
    効果的な学習には、感情を伴う経験が必要です。これは、学校の授業や視覚感覚的なソフトで、ただ言葉を繰り返すだけでは成功しません。新しい言葉や文型を、直感で理解したり自然に生み出す力が養われないからです。最も効果的な学習方法は、子どもが好奇心と探求心を育みつつ、新しい言葉や文型を、習ったことと組み合わせながら学んでいく方法です。「英語の島の大ぼうけん」では、全ての段階(ユニットやアクティビティ)が、事前に習った内容に論理的に適合し、進むにしたがって学習レベルが上がっていくように設計されています。子どもは興昧を失わず、様々な 場面でチャレンジ精神を要求されるのです。
「読み書き・話す」を一度に学習して、本当に英語が覚えられる?
  バランスのよい学習こそが、英語の理解を深めます
    大人は英語の読み書きは子どもには難しすぎると思いがちです。子どもが発音だけを学べば、言葉のフレーズを記憶して、それをオウムのように繰り返すことになりがちです。それを見て私たち大人は、子どもが英会話を覚えたと錯覚します。しかし、これでは、子どもは、母国語のように言いたいことや意見を表現できるようにはならないのです。「英語の島の大ぼうけん」では、聞くこと、話すこと、そして読み書きをバランスよく学習できます。そのそれぞれが相乗効果で全体をサポートし、総合的な理解を深められるのです。
子どものうちから、英語の正しい発音を学ばせるには?
  アルファベットからではなく、単音から学ぶことが効果的です
    私たちは、ABCのアルファベットを記憶することによって読み書きを習ってきました。 ところが、このアプローチは、生活のなかで全く英語を使わない子どもにとっては非常にむずかしいのです。日本語も音声から自然に習得してきたように、子どもにとっては、外国語も音声を通して習得する方がやさしいのです。音声学上では、文字はABCとは発音されません。基本的な単音で発音されます。例えば"a"は"apple"の最初の音、"e"は"elephant"の最初の音という具合です。単音を学んだ子どもは、音と遊び、ときには意味のない言葉を発することもあります。この学習段階を経ることによって、子どもは、暗記に頼らずに、今までに見たことのない単語も読み書きできるようになります。そしてどんどん新しい言葉を覚えて いくようになるのです。
大人が教えることは必要か?
  教えることで、子どもの自発的な学習能力を妨げてしまうことも
    常に大人が子どもに何かを教え、説明し、実演することは、子どもが常に大人に頼ってしまうという危険を生じます。つまり、子どもが身に付けるべき自然学習能力を、大人が弱めてしまっているとも言えます。大人がこのことに気づくまで、根本的には何も変わりません。「英語の島の大ぼうけん」は、この問題を理解し解決する一助となります。 子どもたちはテレビやパソコンの前に座り、お気に入りのアクティビティやゲームを何時間も、何日も続けます。これを過剰だとか時間の無駄だと責めたりせず、子どもたちの可能性と学習としての価値を認め、ただ見守ることで養われる大切なものがあるのです。

トップページに戻る


http://www.eigonoshima.com
Finding Out: eigonoshimanodaibouken (C) 2018 eigotown.com Limited.
Copyright material produced under licence from Macmillan Publishers Ltd.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission. お問合せは こちらまで
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています。